統合医療とは? 平野院長のメッセージ

<Dr.平野薫が目指す統合医療とは?>

世間一般では、統合医療とは、現代西洋医学と代替医療(西洋医学以前にあった伝統療法や自然療法、

同種療法、整体療法、心理療法など)を合わせたものと認識されています。

その名の通り、「すべての療法を統合したもの」と捉えていいと思います。

 

しかし、現実には、その「すべての療法」というものが数え上げたらきりがないくらい多岐に渡っていますので、

医療者や施術家が各々学んだものを最善だと判断して医療として使っているように見受けられます。

これでは、全体から見れば「個々ばらばら」であり、決して「統合」されてないのが現状だと言えます。

 

現代西洋医学は、その目的と実績より、「急性期・外傷」の治療としては必須です。また慢性疾患の一部に対しても必要なときはあります。

代替医療は、非常に歴史と地域性があり、医療者としては「選択肢」を増やす意味ではできるだけ多くを学ぶ必要があるとは思いますが、

1人の人間がすべてを網羅することは不可能に近いでしょう。だからこそ医療者同士の繋がりが必要になると思います。

 

しかし、手段手法を学ぶ前に、そもそも医療というのは「人が治るのをお手伝いする」ものであり、

「治療者が治すというものではない」という概念が必要です。

 

色々と複雑多岐の手法を学ぶ以前に、「人は本来病氣にはならない。

なったとすればそこには病氣になった目的(本当の原因)があるので、それを解決すれば病は自然に治癒する。

人は治るようにできている。」ということを深く理解することがまずは大前提として必要だと感じます。

 

 

 

病気の本当の原因は?

私が目指す「統合医療」は、いかにして目の前の人(患者さん)が「自分の病の本当の原因を知り、

自分で治すという意識を持って、日々の生活の中でその方法を実践していくか」をともに探りながら、お伝えしてサポートすることです。

 

そうなると、同じ病名がついていても、その本当の原因は一人ひとり違います。

そしてその原因と治し方は「本人が1番よく知っている(本人しか知らない)」のです。

医療者が考える原因は、医療者の「知識」の中でのものであり、決してそれが正解ではないことが殆どです。

(知識は限界があり、全体の中の部分にしか過ぎない、という俯瞰した認識も必要です。)

 

自分の身体は知っている

そのことを日本古来、一子相伝で受け継がれてきた「武学」を学ぶことで悟りました。

「身体には宇宙の全情報、全叡智が入っている」ことをまずはすべての人が身体で実感できます。

そこが腑に落ちると、医療も、その人の「身体」から原因と治る方法を引き出していけばいいということがわかり、

まさに「一人ひとりの身体に聞く」オーダーメイドの医療こそが、最も正確で早い、真の医療だと確信できるのです。

 

そのためには、常に自らをニュートラルに保ち(ゼロ化=禊の状態)、相手と一体化(=結び)することが必要となります。

これも武学、禮法を実践すれば、誰でもが簡単に体得できます。

その状態で、相手の身体から病の原因と治し方を引き出していけば、これ以上ない幸せな医療となるでしょう。

 

医療とはエネルギーコントロールです。

「病氣」とはその名の通り、氣が病んだ状態なので、元の状態=「元氣」に戻せばいいのです。氣=エネルギーです。

その手法として「食(身体に入るものや環境)」「呼吸」「意識(マインド)」「態(姿勢や禮法)」

「動(動き・運動)」「言(言霊)」の6要素があるというのが武学医術です。日々の生活の中で実践してこそ、身体は元氣になっていきます。

 

具体的なツールとして「天城流医学(天城流湯治法)」は、上の6要素をすべて網羅していますが、特に「自分で自分の身体をほぐしていく」

手法で誰でもが身体の変化を体感できるので、今後も私の医療の柱となります。

 

今後は武学医術をさらに体得して、患者さんと一体化して身体から答えを引き出すオーダーメイド医療をさらに深めて、実践して参る所存です。

 

                           2019414日    平野 薫

 

 

ひらの整形外科 電話:093-932-1770 当院へお気軽にご相談下さい
休診日
毎週木曜・土曜日午後
毎週日曜・祝日
診療時間日・祝
午前 9:00~13:00-
午後 14:30~18:00---