整形外科・リハビリテーション科・統合医療専門医院

〒802-0044 福岡県北九州市小倉北区熊本1-4-6
093-932-1770

医師のご紹介

  • TOP
  • 医師のご紹介

<院長の紹介>

医師 柿添 隼院長

 


「すべての人が、諦めなくていい医療を。」
「すべての人に、自信と笑顔を取り戻す医療を。」

 

私はこれまで大学病院や市中の急性期病院で手術加療や薬物治療、注射による治療を学んで参りました。
脊椎や関節など、現代整形外科学の術後成績はよく、実際に満足される患者さんも多いです。薬物治療や注射も以前に比べて効果が高まっています。
しかし一方で、手術が必要な段階までは進行していないものの痛みが強く日常生活に困っている方、安静を指示されても仕事柄どうしてもできない方、他の病気との兼ね合いで手術を受けることができない方、手術をしたくない方、副作用が強く薬物治療を続けることが困難な方など、一般的な整形外科学では届きにくい方々が沢山いらっしゃることに気が付きました。
そのような方々に何かできることはないのか、と日々模索していた折に前院長の平野先生と天城流湯治法に出会ったのです。
天城流湯治法をはじめとする当院の治療法は、ご自身ないしはご家族で手技を行うことができる状況であれば、制限なくどなたでも継続可能です。即効性もあり副作用の心配もなく、自宅にてご自身でできるので、お仕事が忙しい方でも無理なく続けることができます。

お仕事や子育て、スポーツ、介護など今頑張っている方、そしてこれまで頑張ってこられた方、皆さんが自信と笑顔溢れる日常を送ることができるよう、精一杯お手伝いさせて頂きます。
自分の身体は自分で治すという思いを胸に、一緒にやっていきましょう!

柿添隼院長がおススメする「天城流湯治法」とは→こちらをクリック★

 

 

 

<当院スタッフから皆様へ>



前田 真梨子 セルフケア指導主任

「人にやさしく、自分にはもっとやさしく」

私は10年以上、カウンセラーやコンサルタントとして、様々なお悩み解決のお手伝いをして参りました。
色んな方と対面でお話しをお聴きする中で、「心だけでなく身体も整えなければ、根本解決に至らない」という事を痛感し、西へ東へ様々な民間・自然療法を模索する日々が始まりました。
しかしどれもプラセボ的なその場凌ぎに過ぎず、納得できるものに出会えぬまま数年が経過。
そんな折、私自身が難病である事が発覚し、入院生活を余儀なくされました。医師には「現代の医療では根治しない」と宣言されましたが、病と向き合う中で、「同じく辛い思いをされている方の助けになりたい」という気持ちがどんどん大きくなっていき、同時に「必ず自身の難病を根治してみせる」と固く決意したのです。
そうして思いが通じ、出会えたのがひらの整形外科クリニックと天城流湯治法です。
「治る」と信じ、やさしくケアしてあげれば、身体はきっと応えてくれます。薬は一切止めていますが、毎日元気に過ごしている私がその証拠です。
自分にやさしくしてあげながら、身体も心も一緒に元気になりましょう!

<前院長(クリニックオーナー)の紹介>

前院長 平野薫(クリニックオーナー)

ごあいさつ

真の医療とは何か?
医師になって34年経過して、ようやくその答えに辿り着きました。

人は身体の中に100人の名医を持っている、というヒポクラテスの言葉通り、誰でもが「自分の身体は自分で治す」ことができ、
すべての病、痛み、不具合にはその原因(目的)があり、
それがわかれば身体がその治し方を知っているので、
身体から治し方を引き出せばよい、ということでした。

そう、答えは本人の中にしかないのです。
自らが身体を、生き方を律して、
自らが変容していく。
真の医療は「自律医療」です。
「自律医療」を世界に広めていくことこそが、これからの私の人生であり、志です。

 

<ひらの整形外科クリニックスタッフのご紹介>


2021年9月現在
医師 柿添隼院長 

セルフケア指導部
主任部長 前田真梨子
他、指導員2名

看護部
看護主任 黒坂 麻希子
他、看護師1名

受付・事務
2人

ひらの整形外科 電話:093-932-1770 当院へお気軽にご相談下さい
休診日
毎週木曜・土曜日午後
毎週日曜・祝日
診療時間日・祝
午前 9:00~13:00-
午後 14:30~18:00---